聞くともっと安心 -体験談-

人工関節の部位別体験を聞く

ひざ関節
股関節
肩関節
肘関節
足関節
指関節

ひざ関節

医療法人社団エス・エス・ジェイ 札幌整形循環器病院 副院長 村越史呂先生
医療法人社団エス・エス・ジェイ 札幌整形循環器病院 副院長 村越史呂先生

人工膝関節の手術をするということは、
その人の膝を一生面倒見るということ

病院HP:http://ssj-h.com/

ドクタープロフィール
ご専門:膝関節、足関節、足・下腿骨治療、リウマチ診療他、下肢全般、スポーツ整形
趣味 :ジョギング、ゴルフ、スキー(マスターズ、SAJ1級の腕前!)
最近嬉しかったこと:患者さんのクチコミで、患者さんが増えてきたこと
最近患者さんが増えてきたとのことですが、近郊からいらっしゃる患者さんが多いのでしょうか?
いえ、地方からいらっしゃる患者さんも多いです。
最も遠方では、稚内からの患者さんがいらっしゃいました。
石狩や十勝、道東からもいらっしゃいます。
遠方からお見えになる患者さんは、札幌にご家族がお住まいの場合や、患者さんからの紹介で、わざわざ足を運んで頂いているようです。
当院にはCT、MRI等の設備も揃っていますので、空いていれば即日検査、翌日に必要な治療をすることも可能です。
人工膝関節の手術を奨められる際の基準などはありますか?
患者さんの生活環境や社会的背景、痛みの度合いや病状などをもとに総合的に判断しています。
その上でやはり手術をした方が、患者さんの「生活の質が向上する」と判断した時に手術をお奨めしています。
手術を行う目的は、痛みを取ることに加えて、「生活の質を向上させる」ことにあります。
患者さんの身になって診療、治療を行うことを心掛け、レントゲンやMRIの結果だけで判断することはせず、お互いに納得するまでお話しをするようにしています。
医療法人社団エス・エス・ジェイ 札幌整形循環器病院 副院長 村越史呂先生
判断の基準となる「生活環境」や「社会的背景」とは、具体的にはどの様なことでしょうか?
人工膝関節の手術を受けられる年代には、「老老介護」※と言われるように、自分の他に面倒を見なければいけない家族がいる場合があります。
手術を受けたくても、家を空けられない方もいらっしゃるため、まずはその方が手術を受けられる環境を整えることが必要です。
人工膝関節の手術をするということは、『その人の膝を一生面倒みる』ということだと思っています。
患者さんそれぞれの置かれている状況を踏まえた上で、手術を判断する必要があると思っています。

※老老介護とは
一般的に高齢者が高齢者の介護を行うことを指します。
厚生労働省が実施した「2013年度国民基礎調査」によると、介護する側とされる側の年齢別の組合わせが、65歳以上同士が51.2%、75歳以上同士が29%であり、年々増加していることが分かります。
医療法人社団エス・エス・ジェイ 札幌整形循環器病院 副院長 村越史呂先生
先生が最近気になっていることはありますか?
今私が気になっているのは、人工膝関節を入れた患者さんの「満足度」です。
最近の研究発表によれば、人工膝関節を入れた患者さんの「膝の痛みの改善」はあるのですが、満足度はまだ100点満点に近いとは言えず、患者さんによって、その満足度にバラつきがあるようです。
満足度を上げるためには、「患者さんの生活様式」を踏まえた上で、まずは手術をする前に、手術のメリット・デメリット、手術後の膝の状態が経過とともにどのようになっていくのか、ということをしっかり説明し、理解してもらう事が大切だと考えています。
しっかりと患者さんや患者さんのご家族と向き合い、患者さんの立場に立った説明をするよう心掛けています。
患者さまへメッセージをお願いします
患者さんそれぞれの生活条件や環境に合った一番良い治療方法を、早く見つけることが重要だと思っています。
それぞれの治療方法には、メリットもデメリットもあります。
医師としっかり話をした上で、お互い納得の選択をして欲しいと思います。
治療することで、膝の痛みが取れるだけでなく、生活そのものが改善され、患者さんが笑顔になってもらえたら嬉しいです。
医療法人社団エス・エス・ジェイ 札幌整形循環器病院 副院長 村越史呂先生
はじめにもどる
気になるひざ関節の痛み
気になる股関節の痛み
病院検索 探そう近くの専門医
専門医からのメッセージ
市民講座・セミナーのご案内
市民講座・セミナーレポート
お金のこと
日本人工関節研究所