聞くともっと安心 -体験談-

人工関節の部位別体験を聞く

ひざ関節
股関節
肩関節
肘関節
足関節
指関節

ひざ関節

香川労災病院 第四整形外科部長/リウマチ部長 門田弘明先生
香川労災病院 第四整形外科部長/リウマチ部長 門田弘明先生

「丁寧に安全に」を心がけ、
患者さんの不安を取り除きます

病院HP:https://www.kagawah.johas.go.jp/

ドクタープロフィール
ご専門:整形外科全般、関節外科、リウマチ
趣 味: 寝る前の読書、休日は家族との時間を大切にしています。
最近の発見:最近スポーツ用自転車に初めて乗り、車体の軽さに驚きました!
今期待している人:錦織圭選手にグランドスラムで優勝してほしい!
病院の特長や取組について教えてください。
一言に人工関節といっても、症状の進行具合などにより手術の難易度は様々です。また、患者さんによっては関節疾患の他にも、心臓疾患、糖尿病など内科的な病気をお持ちの方もいらっしゃいます。香川労災病院では、総合病院として、内科など整形外科以外の医師や、看護師、理学療法士など、多くの専門家と連携しながら様々な患者さんに対応することが可能です。
香川労災病院 第四整形外科部長/リウマチ部長 門田弘明先生
香川労災病院ではどのような患者さんが手術を受けられるのでしょうか、
また手術を勧められる基準はありますか。
関節疾患の治療の中でも、人工関節手術は最終的な治療という位置付けのため、関節の変形が軽度の方や、痛みが軽い方、日常生活に支障がない場合などは、手術を勧めることは少ないです。ただ、香川労災病院では、周辺の病院から手術が必要となったタイミングで患者さんを紹介されることが多く、そのような場合、症状が進行していて、人工関節手術以外の治療で痛みをとることが難しくなっていることがほとんどです。このような患者さんに対しては、手術を行わないと逆に痛みが長引くだけになることが多いため手術を勧めています。 手術を悩まれている患者さんでかかりつけの先生がいらっしゃる場合は、ひとりで悩まず、まず、かかりつけの先生にしっかり相談をしてみてください。
手術に対する先生のポリシーを教えてください。
丁寧に、安全に手術を行うことを心がけています。人工関節の手術では、術後の疼痛やインプラントの緩みを防ぐため、インプラントを正確に設置することが重要です。そのため、正確に設置するためのチェック項目を確実に確認しています。また、迅速に手術を行う必要もあり、正確さと迅速さを両立せるために、手術前の計画や準備をしっかりと行って手術に臨むようにしています。
香川労災病院 第四整形外科部長/リウマチ部長 門田弘明先生
手術後はどの程度動くことが可能でしょうか。またリハビリで気を付けることはありますか。
患者さんの中には、「手術後は、長い距離を歩いてはいけないのでは」「農作業ができなくなるのでは」と気にされている方もいらっしゃいます。しかし、激しいスポーツを除いて、基本的に活動量を制限する必要はありません。せっかく痛みがなくなっているので、退院後は動ける範囲でどんどん動いていただければと思います。リハビリでは筋力を回復させることが大切となるため、退院後も自宅でできる体操をお伝えしています。
今後の人工関節治療に期待することはありますか。
手術後に違和感が残る場合もあるため、実際の靭帯や関節により近い動きをする人工関節を使うことで違和感がもっと少なくなればいいな、と思います。また、将来的に研究が進み、関節疾患の治療にも再生医療などが応用されるようになれば、より違和感が残らず、正常な関節に近い状態に戻せるような治療が実現できるのでは、と期待しています。
香川労災病院 第四整形外科部長/リウマチ部長 門田弘明先生
印象に残っている患者さんとのエピソードを教えてください。
以前勤務していた病院で、痛みや変形があったものの年齢が若かったことなどから、手術をせず通院を続けている患者さんがいらっしゃいました。結局、私がその病院で勤務している間に手術を行うことはなかったのですが、「もし、手術をするときには先生にお願いしたい」と言って頂けたことが嬉しく印象に残っています。
患者さんへメッセージをお願いします。
はじめにもどる
気になるひざ関節の痛み
気になる股関節の痛み
病院検索 探そう近くの専門医
専門医からのメッセージ
市民講座・セミナーのご案内
市民講座・セミナーレポート
お金のこと
日本人工関節研究所