聞くともっと安心 -体験談-

人工関節の部位別体験を聞く

ひざ関節
股関節
肩関節
肘関節
足関節
指関節

ひざ関節

医療法人朋詠会 獅子目整形外科病院 獅子目亨先生
医療法人朋詠会 獅子目整形外科病院 獅子目亨先生

曲がるひざを目指して

病院HP:

ドクタープロフィール
専門分野:関節外科一般(ひざ関節、股関節)、骨粗鬆症、リウマチ
趣味、休日の過ごし方:犬と遊ぶ事、公園で子供と遊ぶ事、旅行
最近のトピックス:当院で初めて人工ひざ関節の手術が出来た事です。なかなか手術に対する一歩が進まない方が          多い中、手術が出来たので、地域への貢献につながったという気持ちで嬉しかったです。
病院独自の取り組み、病院の方針などを教えて下さい。
人工ひざ関節に関しては、以前指導を受けていた医師から「手術後は曲がるひざにする」という方針を受け継ぎ、
手術を行っています。そのため、CR型(※1)を使用すること、手術後のリハビリにはひざ屈伸運動訓練装置(通称:ROMマシーン)(※2)を使用することで、痛みを取り除くだけでなく、曲がるひざにしていくことを取り組みとして行っています。 また、当院では骨粗鬆症に対する治療をもう一つの柱として考えているので、骨粗鬆症を診る職員(骨粗鬆症
学会の骨粗鬆症マネージャー)の数を3名から5名に増やし、骨折を含め変形性関節症でのロコモ(※3)を減らすため、
運動器(※4)に関することを患者さんに啓蒙することを当院の方針として取り組んでいます。

※1: CR型…人工ひざ関節の種類のひとつ。人工ひざ関節には後十字靭帯を温存するCR型と後十字靭帯を切除するPS型       があります。
※2: ROMマシーン…ひざ関節のリハビリ器具。自分で脚の曲げ伸ばしの訓練が出来ます。
※3: ロコモ…運動器が衰え、立つ・歩くといった日常生活に障害をきたしている状態のこと。
※4: 運動器…身体運動に関わる骨、筋肉、関節、神経などの総称。
医療法人朋詠会 獅子目整形外科病院 獅子目亨先生
年内に病院を改装されると伺いました。新たに取り組もうと考えられていることはありますか。
改装後は病院内が広くなるため、病院から地域の方に向けた啓蒙活動などをより積極的に行いたいと思っています。
まずは患者さん向けの会の開催を考えており、その中でも人工関節手術を受ける必要のある方やご家族の方に向けた
勉強会をしていきたいと思っています。
一般的にひざの痛みはどうして起こるのでしょうか。
年齢的な変化でひざの軟骨や骨が傷み、体重の増加や怪我、病気等で変形し、痛みが起こります。ただ、やはり年齢とともに筋力は落ち、体重は増え、もともとO脚気味の方が変形する場合が多いです。
人工ひざ関節とは何でしょうか。
例えば虫歯だと、傷んだ歯を抜いて入れるのではなく、かぶせものをします。かぶせものが大きかったり小さかったりすると違和感があります。人工ひざ関節も同様に出来るだけ元々のひざに合わせたものを入れる手術なので、傷んだ表面を入れ替えるという考えで行っています。当院のコンセプトとしては人工関節の厚み分だけ取って入れ替えるということをしています。長く自分の足で歩いてもらうことを目的とするものなので、その方の人生にとっては非常に大切な手術の一つだと思います。手術自体を長い目で見ると、痛みがなく安定した生活を送るための手段だと思います。
患者さんの多くは、手術は痛いのだろうかという不安を抱えています。
手術や手術後のリハビリについて簡単に教えて下さい。
手術中は痛くないですが、やはり手術後は痛いので、最初の数日間、当院では強い痛みを予防するためにブロック注射(※1)を使用しています。そのため、手術が終わり痛みで寝られないということは比較的少ないです。ただ、人によっては痛みが強い場合がありますので、その場合は、入院中に安全状態を確認しながらお薬を増やす等します。 リハビリは手術が終わって2日後にひざのドレーン(※2)を取り、ひざを曲げ伸ばしする訓練を始めます。リハビリをすると、どうしても痛みが出やすいのでROMマシーンという器械を使って自分でひざを曲げて痛みを取っていくようにしています。痛いですが、我慢できる範囲でリハビリを行ってもらっています。

※1:ブロック注射…痛い場所の神経の近くにする注射。一時的に痛みを抑えることが出来る。
※2:ドレーン・・・手術直後の関節内に生じる余分な血液を回収する管。
医療法人朋詠会 獅子目整形外科病院 獅子目亨先生
手術をすることで本当に良くなるのでしょうか。満足度はどれくらいだと感じますか。
人工ひざ関節は費用対効果が良いと言われています。90代の方で、だいぶ昔に手術をされ、現在では筋肉量が落ちて
動けなくなっていたとしても、人工関節の破損や緩みがなければ、ひざの痛みを感じることはないと言われています。一生を通して見ると、痛みが少ない手術と言えます。 ちなみに、私の祖母は83歳まで元気にテニスをしていたのですが、あまりにもひざが痛くなりテニスをやめ、85歳で手術をしました。しかしながら、関節が傷みすぎていたことと、すでに体力が落ちてしまっていたことから、手術後は車いす中心の生活になり、骨折をしてしまいました。 運動器は段階的に悪くなるので、少し痛いなと感じる時の方が手術の効果を発揮し、満足度も高いので、早めの治療をお勧めします。人によってはソフトボールやママさんバレー等の運動が出来るようになったり、買い物に行けなかった方が行けるようになったりと出来ることが増えるので、日常生活を良くするには必要な手術だと思います
手術後、どれくらいで普段の生活に戻ることが出来ますか。
また、気を付けるべきことがありましたら教えて下さい。
最初の手術後の痛みを考えると、普通に歩けるようになるのは1ヵ月後で、日常でそんなに困らなくなるのは2ヵ月~3ヵ月後くらいです。人によってはもう少し入院する方もいますが大体の患者さんは半年くらいすれば違和感なく
歩けるようになります。1年くらいすると手術をしたことを忘れる方もいらっしゃるほどです。 普段の生活で行うことはほとんど許可をしていますが、不意な転倒等骨折につながることがないように注意して頂きたいです。高いところに登る等は転落の危険性があるため避けて頂きます。また、ひざをつくことは積極的には勧めませんが、時間がたてば
人によっては許可することもあります。
費用はどれくらいかかりますか。
1~2割負担の方は手術費用、入院費用込みで、大体1ヵ月に8~10万円程度の負担になります。
手術に対する先生のこだわりを教えて下さい。
当院では表面置換といって表面の傷んだ骨や余分な骨棘(※)を取り、元の骨の状態に戻して人工関節を設置するという方法を取り入れています。また、CR型を使用することで、バランスの良い、曲げやすいひざになるようにしています。 さらに、患者さんひとりひとりを見て、個人に合せた提案も心がけています。CT画像だけでなく患者さんの背景を
みて、説明をして一緒に考えるようにしています。

※骨棘(こつきょく)…炎症・変性・腫瘍などから骨に加えられた刺激に反応し骨組織が増え、とげ状になったもの。
医療法人朋詠会 獅子目整形外科病院 獅子目亨先生
患者さんにメッセージをお願いします。
はじめにもどる
気になるひざ関節の痛み
気になる股関節の痛み
病院検索 探そう近くの専門医
専門医からのメッセージ
市民講座・セミナーのご案内
市民講座・セミナーレポート
お金のこと
日本人工関節研究所